悩みは、決断することでしか解決されない

2018-08-15

クラブ会員 榎本様

いつかは借金を返して精神的に楽になりたい。
そんな思いで会社を経営して早 10 余年。

ところが、一向に減らないどころか着実に増えている借金。

これまで、本気で資金繰りがヤバイってことが二度三度あった。
またいつか同じ状況になることがあるかもしれない!

そう思うとあらかじめ対策をしておかなければいけないと思った。
備えあれば憂いなしというやつだ。

本当に困った時は、精神的にも追い詰められ視野が狭くなってしまう。
また時間的な余裕もないものだ。

よし、ダメ元で飛び込んでみるか。
私は不本意ながらも、親不知を抜きに歯医者に行くような心持ちで、資金繰りコンサルタン
トを肩書きにもつ小堺なんとやらのセミナーに申し込んだ。

自分の会社が自転車操業だという自覚はもちろんあったものの、わざわざ人様に自分から
カミングアウトする必要も、するつもりもなかった。

それこそ、自転車操業クラブのメンバーです。
なんて、なかなか堂々と言えるものじゃない。

でも考えてみて欲しい。

自転車操業というネガティブ感たっぷりのこのワード、会社経営をして数年経たないと突
き当たらない問題なのだ。

つまり、経営者特有の悩みだということなのだ。

ブレーキを踏むか、リタイヤするか、アクセルを踏み込むか、その決断に直面するからこそ悩む。

悩みは、決断することでしか解決されない。
しかも、自問自答ではなかなか解決されない。

つまり、自分の下した決断を誰かに背中を押してほしいのだ。

背中を押してほしいとは言え、誰でもいいわけではない。
誰でもいいならとっくに解決している。

押してくれる人は、その道の第一人者。
そしてある意味厳しさを持っている人が望ましい。

そう、その人物こそ小堺桂悦郎先生なのだ。

 

それはなぜか?
それは 100 万部ベストセラー作家だから。
それ以上の理由など必要ありません。